2019年01月06日

レオナルド・ダ・ビンチの手稿

写本とは少し違いますが、レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿の紹介をします。
レオナルドは絵画や彫刻などの作品はそれほど多くは残していませんが、絵画のための素描やメモ・いろいろな学問(天文・水力学・飛翔等々)や軍事関係などを描いた膨大な手稿が残されています。
大きく分けて以下のように分類されています。
1 アトランティコ手稿
2 トリヴルツィオ手稿
3 鳥の飛翔に関する手稿
4 パリ手稿
5 アッシュバーナム手稿
6 ウィンザー手稿
7 アランデル手稿
8 フォースター手稿
9 マドリード手稿
10 レスター手稿
【1】トリヴルツィオ手稿
 20.0×14.0cm で 51紙葉 の手帳型。 表紙は羊皮紙で装丁されています。
トリヴルツォ手稿表紙

トリヴゥツォ手稿2
【2】鳥の飛翔に関する手稿
 21.3×15.3cm で 20紙葉 の手帳型。
 鳥の飛翔に関する手稿 表紙

鳥の飛翔に関する手稿 中身

鳥の飛翔に関する手稿 中身2
【3】レスター手稿
 29.5×21.8cm で 36紙葉 未綴じ版です。
レスター手稿 表紙

レスター手稿 2

レスター手稿 3

レスター手稿 4
【4】マドリッド手稿
21.0×15.0cm でⅠ巻184葉、Ⅱ巻157葉 です。 上記のような装丁・紙質まで複製したものではありません。










レオナルドが所持し記入していた手稿の雰囲気が伝わってきます。詳しくはこちらをご覧ください。
近くの図書館でも手に取ってみることができます。私が見たところでは下記があります。

豊田市図書館 ・・「トリヴルツォ手稿」「鳥の飛翔に関する手稿」
愛知県立図書館 ・・「パリ手稿」「トリヴルツォ手稿」「鳥の飛翔に関する手稿」
名古屋大学図書館(中央館) ・・「パリ手稿」「マドリッド手稿」「トリヴルツォ手稿」「鳥の飛翔に関する手稿」「ウィンザー手稿」

愛知県立図書館の「パリ手稿」は全12巻すべて閲覧できます。とても個人では購入できる代物ではないので、ぜひ訪問してみてください。閲覧者がないと宝の持ち腐れになります。
(貴重書なので、閲覧は指定されたところになりますが)
名古屋大学にこれだけそろっているとは、今回改めて知りました。以前調べたときには気が付かなかったのですが。他にもいろいろファクシミリ写本を所蔵しているようです。また紹介します。




同じカテゴリー(写本)の記事画像
アローヨ写本(ベアトゥス黙示録註解書)紹介
「世界で最も美しい12の写本」の紹介
ファクシミリ本用の箱を作りました
Corsini Beatus写本の紹介です
Morgan Beatus写本の紹介
トリニティ黙示録の紹介
同じカテゴリー(写本)の記事
 アローヨ写本(ベアトゥス黙示録註解書)紹介 (2019-01-13 17:26)
 「世界で最も美しい12の写本」の紹介 (2018-12-31 21:49)
 ファクシミリ本用の箱を作りました (2018-12-31 17:53)
 Corsini Beatus写本の紹介です (2018-11-26 19:24)
 Morgan Beatus写本の紹介 (2018-09-09 23:16)
 トリニティ黙示録の紹介 (2018-08-12 22:43)

Posted by おもちゃシューリーズ  at 19:43 │Comments(0)写本

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。