2018年12月31日

「世界で最も美しい12の写本」の紹介

図書館に「世界で最も美しい12の写本」が入っているのを見ました。英語版を時々Amazonで見かけて、表紙絵がモーガンベアトゥス写本の一葉で気になっていたもので、さっそく借りました。
(すぐに借りれるとは思っていなかったのですが、運よくだれも借りていませんでした)
表紙
全635ページの大部な本でした。副題に『「ケルズの書」から「カルミナ・ブラーナ」まで』と書かれていて12の写本が紹介されていますが、「ケルズの書」と「モーガン写本ベアトゥス黙示録註解書」しか知っている写本がありませんでした。

Amazonの紹介から・・・
旅する写本研究家 12の中世世界への誘い
世界で最も多く写本に触れてきた著者が選んだ究極の12冊を訪ね歩き、
その来歴や纏わる謎を、門外不出にして美麗な図版とともにスリリングに解き明かす、
まったく新しいトラベローグにしてビブリオスリラー。
ウルフソン歴史賞、ダフ・クーパー賞ダブル受賞作

【本書で紹介する12の写本】
聖アウグスティヌスの福音書
コデックス・アミアティヌス
ケルズの書
ライデン写本アラテア
モーガン写本『ベアトゥス黙示録註解書』
画家ユゴー
コペンハーゲン詩篇
カルミナ・ブラーナ
ジャンヌ・ド・ナヴァールの時祷書
ヘングウルト写本チョーサー
ヴィスコンティ家のセミデウス
スピノラ家の時祷書
目次

著者が写本を所蔵している世界各国の図書館を訪ねて、実際に目にしてその装丁や構造・形態や状態などを詳述するとともに、写本の来歴についても学術的な記述だけでなく娯楽的な紹介もあり、楽しめそうです。(まだベアトゥス写本の一部しか読めてません)
手元に置いておきたいので、後日購入することにします。ただ、日本語版は定価6900円(税別)と結構な値段です。英語版だとAmazonではペーパーバックが1965円、ハードカバーでも3374円です。(18.12.31時点) 英語に堪能な方なら英語版がお勧めですが、とても読めるとは思えないので日本語版にします。
しかし、こんな貴重な写本の本物を見れるとは羨ましい限りです。


同じカテゴリー(写本)の記事画像
アローヨ写本(ベアトゥス黙示録註解書)紹介
レオナルド・ダ・ビンチの手稿
ファクシミリ本用の箱を作りました
Corsini Beatus写本の紹介です
Morgan Beatus写本の紹介
トリニティ黙示録の紹介
同じカテゴリー(写本)の記事
 アローヨ写本(ベアトゥス黙示録註解書)紹介 (2019-01-13 17:26)
 レオナルド・ダ・ビンチの手稿 (2019-01-06 19:43)
 ファクシミリ本用の箱を作りました (2018-12-31 17:53)
 Corsini Beatus写本の紹介です (2018-11-26 19:24)
 Morgan Beatus写本の紹介 (2018-09-09 23:16)
 トリニティ黙示録の紹介 (2018-08-12 22:43)

Posted by おもちゃシューリーズ  at 21:49 │Comments(0)写本

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。